ネットカジノの税金義務と計算方法や未払いリスク

ネットカジノで上手くいけば給料以上に稼ぐことも可能です。
そのため、お小遣い稼ぎに利用する人もいます。

そこで気になるのが、ネットカジノで得た収益に関する税金の支払い義務の有無です。
税金を納める義務がある場合は、当然支払わなければなりません。

今回は、知らなかったでは済まないネットカジノと税金の関係についてご紹介します。
 
 

ネットカジノは自分で税金を支払う必要がある

ネットカジノは自分で税金を支払う必要がある
 
ネットカジノは課税対象となっているので、儲けがでると税金を払う必要があります。
これはネットカジノだけではなく、他のギャンブルでも同じ。
 
儲けた賞金額は「一時所得」になるので、自分で計算して申告をするようになっています。
一時所得とは、一時的に手に入ったお金のことです。
 
競馬や競艇と同じで、ネットカジノの収益も一時所得になるので税金を支払いましょう。
 
会社勤めだと会社が税金を計算してくれますが、ネットカジノは税金の計算はしてくれません。
カジノサイトが計算して支払ってくれるということもないので、自分で確定申告を行って納税する必要があります。
 
ただし、ネットカジノをした全員が税金を支払うということではありません。
払う必要がある人とない人がいるので、条件が揃えば払わなくても良いということになります。
 
 

税金を支払う必要があるケースとないケース

では、ネットカジノで税金を支払うケースとそうではないケースを見ていきましょう。

【Case1】税金を支払うべきかどうかは儲けた金額による
払う人と払わなくて良い人の違いは、儲けた金額です。
一時所得には50万円の控除があるので、儲けた金額が50万円以下のときは支払う必要はありません。
 
ただし、給与所得以外の収入が20万円以下だと申告しなくてもOKとなっています。
つまり給与所得があり、ネットカジノ儲けが70万円以内になる人も確定申告をしなくてもOKです。
 
【Case2】他に所得があるかどうかにもよる
確定申告は1月1日~12月31日までの収益で計算します。
その期間中の収益によって税金が変わってくるので、ネットカジノ以外の所得がある人は注意しておきましょう。
 
ネットカジノで儲けた金額が50万円以下、または70万円以下であれば、税金を支払う必要はありません。
しかし他にも「一時所得」がある人の場合は、全ての金額を足す必要があります。
 
一時所得は、競馬や生命保険の満期金額、抽選や懸賞などの賞金、落とし物で受け取った報労金なども含まれます。
 
ネットカジノで40万円の儲けであれば税金を払わなくても良いです。
しかし、他に競馬で20万円、懸賞で10万円など儲けがあると税金対象になります。
 
ネットカジノだけではなく、税金はトータルで考えるようにしましょう。
 
 

税金の計算方法と計算するときの注意点

税金の計算方法と計算するときの注意点
 
ではネットカジノの税金の計算方法、計算するときの注意点も把握しておきましょう。
 
★税金の計算方法
計算式は以下の通りです。
1.年間の儲け金額の合計-支出金額-控除(50万円)=一時所得金額
2.一時所得金額×1/2=課税対象の金額
 
まずは上記のように儲け金額から支出金額を引き、更に控除を引きます。
すると一時所得の金額が出るので、そこから1/2を掛けて最終的な金額を計算します。
 
他に所得がある場合は、最終金額に足しておきましょう。
計算式に当てはめていくだけなので、特に難しいことはありません。
 
★金額を計算するときの注意点
計算式で税金額を出すことができますが、このとき注意しておくのは「支出金額」です。
 
負けた金額は、支出金額には入りません。
支出金額は、勝ったときに使った金額だけとなっています。
 
例えば、年間で3回ネットカジノで遊んだとします。 
1回目→60万円のプラス(10万円使った)
2回目→30万円のプラス(5万円使った)
3回目→100万円のマイナス
 
トータルだと10万円負けていますが、ここではトータルは関係ありません。
支出金額は勝った時に使った金額しか含まれないので、上記の支出金額は15万円となります。 
つまり、上記の場合だと年間の儲けは90万円、支出金額は15万円で計算します。
 
 

ネットカジノで税金を支払わないときのリスク

ネットカジノで税金を支払わないときのリスク
 
パチンコや競馬、競艇などは現金をその場で受け取ることになるので、お金の流れが掴みにくくなっています。
税務署でもなかなか把握しきれませんし、証拠がない場合も多いです。
 
しかし、ネットカジノの場合は他のギャンブルとは違います。
ネットカジノは日本にはないので、賞金は金融サービスなどを通じて受け取ることになります。
 
現金で直接受け取ることはないですし、電子決済や金融サービスを使えば証拠が残ります。
調べるとバレてしまうので、「ネットカジノだから税金を払わなくても大丈夫」と考えるのは止めておきましょう。
 
ネットカジノで儲けて税金を払わない場合、もちろん脱税となります。
脱税は犯罪ですし、もともと払うべき金額よりも多く支払うことにもなるので注意しておきましょう。
 
確定申告は、特別なことがない限りは毎年2月16日~3月15日まで行っています。
確定申告会場に行けばアドバイスをしてもらうこともできますし、自分でネットを使って申告することもできます。
 
申告漏れがないように、年間の収支をまとめておくようにしてください。
 
 

まとめ

ネットカジノは税金の対象となっているので、しっかり記録をつけて申告するようにしましょう。
申告に必要な支払調書はネットカジノのサイトに送ってもらうこともできます。
サイトによっては送ってもらえない場合もありますが、その時は自分でつけた調書を提出することになります。
 
よく分からない場合、初めての申告のときは確定申告会場に行ってアドバイスを受けることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です