マーチンゲール法のメリット・デメリット

カジノ攻略法としてよく知られているものがマーチンゲール法です。
理論上は負けることがないといわれる必勝法です。
ここでは、マーチンゲール法の仕組みやメリット・デメリットなどを紹介します。

マーチンゲール法のやり方

マーチンゲール法はとてもシンプルな方法です。
勝つまでベット額を2倍にしていく攻略法で、難しく考える必要がありません。
1回目に1ドルベットして負けた場合は、2回目に1回目の倍の2ドルをベット、3回目には4ドルをベット、このような賭け方をしていきます。
勝ったら賭け金をリセットして、新たに賭けていきます。

マーチンゲール法のメリット

シンプル
マーチンゲール法はやり方がシンプルで誰にでもわかりやすい特徴があります。
モンテカルロ法という攻略法があり、この方法では決められた数列を作ってベット額を決めていきます。
頭の中でだけ計算をしていると、途中からわからなくなってくることがあるので、紙にメモをしながらゲームを進めていきます。
メモしなければならず、慣れないうちは面倒に感じることでしょう。
それに比べるとマーチンゲール法は計算が簡単で、負けたら賭け金を倍にしていくだけです。

理論上は勝つ
マーチンゲール法は何回勝負をしたとしても、理論上はどこかで必ず勝ちます。
理論上は勝つ

1回目 ベット額1ドル 損益1ドル
2回目 ベット額2ドル 損益3ドル
3回目 ベット額4ドル 勝つと利益1ドル 負けたら損益7ドル
4回目 ベット額8ドル 勝つと利益1ドル

このように、3回目で勝つと1ドル利益がでていて、3回目で負けたとしても次に勝つと1ドル利益がでています。
利益がでるのは、もっと回数を重ねても同じです。

マーチンゲール法のデメリット

勝つまで賭け続けられ資金が必要
マーチンゲール法は勝つまでベット額を倍にし続けます。
1回目のベット額が1ドルなら2回目のベット額は2ドル、3回目のベット額は4ドルと、この辺りまでは賭け金の増加が穏やかです。
しかし、10回目になると512ドルにもなります。
1ドルが100円だとすると、512ドルは56320円になります。
勝つまでベット額を増やし続けられるだけの軍資金が必要です。

利益は大きくない
マーチンゲール法で得られる利益は、1回目のベット額と同じ額です。
1回目のベット額が1ドルなら、どんなに負け続けても勝ったときには1ドルの利益がでます。
1回目のベット額が2ドルなら、どんなに負け続けても勝ったときには2ドルの利益がでます。
1回目のベット額を多く設定した方が勝ったときの利益は大きくなりますが、賭け金がどんどん膨らんでいき、多額の資金を用意することが難しいです。

精神的負担
理論上は必ず勝てるとはいっても、何度も負けていると「今度は勝てるだろうか」と精神的な負担が大きくなっていきます。
精神的な負担は判断能力を狂わせ、ゲームに冷静に対処できなくなってしまう恐れがあります。

マーチンゲール法に向いているゲーム

マーチンゲール法に向いているゲームは、勝率が50%、配当が2倍のものです。
負け続けるとベット額が膨大になるので、最低ベット額が低く設定されているものを選ぶとよいでしょう。
勝率50%、配当2倍のゲームには、ルーレット(赤・黒、奇数・偶数)、バカラ、ブラックジャックがあります。
また、独立事象であることも重要です。

独立事象とは、2つの事象において、一方の事象が起こる確率ともう一方の事象が起こる確率が、お互い影響を与えない関係のことです。
ルーレットの赤・黒の場合だと、1回目に赤が出ることと、2回目に黒または赤がでることは、何ら関係がありません。
前のゲームでどのようなものが出ても、次のゲームでどのようなものが出るのか確率に影響がないものが独立事象です。

ブラックジャックの場合だと、手持ちのカードに「ハートのA」があった場合、引くカードの中にハートのAはありません。
手持ちのカードの状況などがゲームの進行状況に影響を与えるので、これは独立事象とはいえません。

●注意点

別途上限額に注意
ゲームによってはベット上限額が決められていて、上限額を超えて賭けることはできません。
つまり、マーチンゲール法が成り立たなくなってしまうのです。
そのため、ゲームに1回勝つだけでは利益を出すことができません。
ゲームを始める前に最少ベット額と最大ベット額を確認しておきましょう。

手持ち資金を考える
1ドルから始めていれば、手持ちの資金が少なくても賭け続けられるだろうと思うことでしょう。しかし、実際にはそうはいきません。
1ドルから始めたとしても、負け続けて20回目に達するとベット額は524288ドルになります。
1ドル110円で計算をすると、約5760万円になります。

20回も連敗するとは考えにくいかもしれませんが、過去にはランドカジノのルーレットで26回連続黒が出ています。
赤にかけ続けていたら、26連敗もすることになるのです。
軍資金をどれくらい用意できるのか考えてオンラインカジノを楽しみましょう。
手持ち資金を考える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です